インフルエンザが一日で治る新薬?職場復帰事情がややこしくなりそう

健康

Yahooで流れてきた2018年3月に登場したインフルエンザの新薬のニュースに『えっ?』って思った話

だって...一日で治るとかホント?

そりゃ、ツラい症状が治まればありがたいけど

職場復帰などの私利私欲にかられた軋轢問題とか対応とかが更にややこしくなる気がする...

のはわたしだけですか?

 

スポンサーリンク

一日で治るインフルエンザの新薬って、なんかのえせCMみたいなフレーズだと思ってしまった

 

2018年11月3日に流れてきたyahooのニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6302162
たった一回の服用で、一日でウイルスが消えるって...

なんか、ダイエット商品とかのCMのみるみるガリガリに!

みたいなCMキャッチコピーのような気の引き方に

ないでしょ それ...(;´・ω・)って思ってしまった。

ぁ...別に気を引いているわけじゃないのか汗

 

その名もゾフルーザ

 

ニュースを良く読んでみれば、細胞なんちゃらの難しい事は良く分からないけど

へぇ~そうなんだ~。今までとは攻め方が違うってわけね。

とうっすら理解はできました。

 

でも、わたしがインフルエンザにかかった暁には、コレ是非使ってほしい!とは思えない。

やっぱり新しいものって怖い気がする。

きちんと治験で大丈夫ってなってるんだろうけど現れきれない副作用とかね。

一時期騒がれたタミフルの騒ぎだってうやむやのまま分からずじまいっぽい幕引きの印象だし。

 

だから、かかった時の心配をするのではなく

罹らないための予防に努めなきゃいけないんだと違う方向から当たり前の事を改めて気づかせてくれた記事でした。

インフルエンザの流行が早いのはなぜ?予防接種も早めがいいの?いつからしてくれる?

で、予防接種のベストなタイミングっていつなんだろう?ってな事も書いています。

 

インフルエンザ事の職場あるあるって意外に闇深い

2018年の1月の話。(現在2018年11月)

思い起こせば、インフルエンザが猛威を奮っていた時期でした。

わたしの現在の職場は、営業所のような形態で常勤は3人です。

その職場の上司が、まず奥様からもらったウイルスでインフルエンザに罹りました。

日中は、特にいつもと変わらずに勤務していたようです。

わたしはシフトの関係で、その日はお休み。

 

翌日の朝、インフルエンザっぽいという事で病院へ行ってくると連絡があり

やはりインフルエンザだったという事で、そこから5日間ほどのお休み。

その日は、わたしは外勤で午前中から出かけ、そのまま直帰でした。

その日の夕方、昨年入社した新入社員が昼過ぎから熱が上がってきていて体調が良くないとの事で早退したと聞きました。

 

この時点で、間違いなくインフルエンザを疑いますよね。普通なら。

早退したなら病院に行ったんだろうと思っていたんですが、待てど暮らせど連絡がない。

早退した翌日の午前を半ば過ぎてもです。

体調がよくないのだろうと連絡するのもな...と思ったんですが業務の事もあり

一応確認の為、電話をしてみました。

病院には行ったのか?インフルエンザだったのか?と聞いたところ...

『いってません』とのお答え。

『は??』ってなりませんか?

『え...なんで?』と純粋に不思議に思ったので純粋な質問をなげかけました。

『お昼過ぎても熱が下がらなかったら行ってみようかと思ってます。』

えーーーーっと。昨日のお昼過ぎの時点で熱あって早退してるんだし

同じ職場からすでにインフルエンザ出てるんだし、その人と一日一緒にいたわけだし

インフルエンザだよね?きっと。

なんで行かないのかな?病院へ。イラッ

『上司もインフルエンザでお休みだし、あなたもそうだったら応援の人をまわしてもらう手配をしないとだから今から病院に行ってきて。分かった時点で、すぐに連絡してください。』

と強めの口調で言ってしまいました。

 

でも、ここで立場を変えてみましょう。

 

新入社員の子にしてみたら?

きっとインフルエンザだよね。あんまり早く病院に行っても陽性の反応が出ないとか聞くし

午前中は様子を見て午後から行った方が確実だよね。

どうせ、今日は少なくとも1日お休みなんだし。いつ行ったって同じだよね。

 

という思いがあったのかもしれません。確認まではしてませんが。

 

まあ、ここで報・連・相の有無や社会人とは的な是非は置いておいて

 

『それぞれが持っている常識』の相違によって

わたしは「なんで早退した日に病院に行かないかな?」とイラっとし

新人ちゃんは「そんなに早く行かなきゃいけない意味が分からない」とムッとする

という事がこの時点で起こっています。

スポンサーリンク

 

ふと思って知恵袋を覗いてみると...

インフルエンザの職場における悩みや疑問や相談の多い事!

その種類も多様で。

立場や意識や、それこそ、それぞれの常識の違いで

出勤したい・したくない、休んでもらいたい・休みたくない。はたまた、これっておかしくないですか?的な相談話から本当に多岐にわたっています。

 

インフルエンザに罹った時って

職場だからこそのそれぞれの損得勘定みたいなものが働いているからなのか非常に闇深いものがあるんだな~と思い知りました。

 

それもこれも、季節性インフルエンザに関しては規定として出勤停止期間というものが定められていない。ってところが混乱を招く要因な気がします。

 

学校に関しては、「学校保健安全法」という法律で

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間と定められています。

 

一方、職場等においては、季節性のインフルエンザの場合は、感染症予防法において5類感染症に指定されているため、感染症予防法上も、労働安全衛生法上も就業制限の対象ではないんですね。

 

なので、それぞれの職場によって対応が様々だし、なんとなく学校の出席停止期間をベースにしてるけど...まぁそこらへんは臨機応変にって感じでひとつよろしく!

みたいな事でやりくりしてる所が多いんだと思います。

 

だから、症状が軽いからとマスクをして出勤してしまう人もいるし

インフルエンザで休んだんだから、この後の休み返上で働いてね!とか言われたり

治って復帰したあとも、え...うつさないでよ!とあらかさまに迷惑がる人もいる。

 

これ、一日で治るとかいう新薬が登場したおかげで

このインフルエンザにおける職場復帰事情って、さらにややこしくなったりしないかな?

と、おせっかい老婆心が働いてしまいます。

 

インフルエンザの新薬の登場で職場に巻き起こる憂い事

 

だって、この新薬の登場を知らない人ももちろんたくさんいるわけで

インフルエンザと言えば、なんとなく学校の出席停止期間くらいは休んでもらわないとうつるわ!

という常識が一般的だとしたら

 

『新薬出してもらいました!』『一日で完治です!』

治りましたので今日から出勤しまぁ~す!

 

って言われたってにわかに信じられますか?

 

それに、お医者さんによっては新薬出すところと出さないところとあるだろうし

 

かたや、新薬で一日で職場復帰した人

かたや、従来のお薬で長めにお休みした人

と色々で、なんか不公平感がぬぐえない雰囲気に包まれたり

 

仮に、ウイルスは消えても

熱のあとのダルさとか、咳や他の症状が残っていて養生の為に一日だけお休みじゃ無理!

っていう人もいるかもしれない。

 

この新薬のおかげで、あたらしいインフルエンザ事情の職場軋轢あるあるが増えるんじゃないのかな~?と取り越し苦労この上ない心配が胸をよぎり、憂っております。

 

あ!我が職場で起こったインフルエンザ騒動の結末はというと

やはり新人ちゃんはインフルエンザでした。

これは完全にわたしも来るわ!と覚悟を決めていたんですが...待てど暮らせど熱は上がってこないし体調も悪くならない。

結局、インフルエンザには罹らず、他の同僚からは、しばらくの間『鉄人』と呼ばれておりました(・∀・)

 

インフルエンザが一日で治る新薬?それで職場の対策ややこしくならない?のまとめ

一日一回飲めば、インフルエンザのウィルスを24時間で排除してしまうと言われている

新薬のゾフルーザ

出たばかりの新薬って事で副作用やなどの心配もまだまだ未知な部分もあるって事で

妊婦さんなどには処方は避けているなんてテレビでも報道していました。

 

結局、やっぱりお薬などの心配をするより先に予防を心がけなければ本末転倒で

予防接種を受ける時期などもこれまたひとそれぞれ事情があっていいんじゃないか?と書いた

老婆魂のこもった記事は

インフルエンザの流行が早いのはなぜ?予防接種も早めがいいの?いつからしてくれる?

で書いています。

予防の必須アイテム『マスク』の困りごとはこちらの

マスクで前髪がうねる!崩れる!対策は、あの方法と同じだった話

で解決できるかもです。

新人ちゃんが早退したと聞いた翌日に出勤したとたん

鬼の形相でインフルエンザにかかった二人が触ったと思われる箇所を

消毒液で全て拭き上げたわたしは決して『鉄人』などではなく

単なる小心者だという事はここだけの話。

 

おしまい。