初節句のお祝い男の子はいつ?鯉のぼりや兜は誰が買って何をする?

端午の節句

あっという間に桜の時期が過ぎれば、まもなくゴールデンウィークですね。

よくもこんなに祝日が集まったものだ(集めたのか?)と思いますが、そのうちの1日が5月5日『こどもの日』です。

今年初めてこの日を迎える赤ちゃん、そして、お父さんお母さん!おめでとうございます!

赤ちゃんの初めての『端午の節句』

初節句はどうしたらいいんだろう?とお悩みのお父さんお母さんへ。

スポンサーリンク

初節句のお祝いは男の子の場合いつするのがいいの?

 

5月5日の『こどもの日』現代ではこんな風に呼ばれていますが、元々は一年のなかで季節の変わり目の五節句の内の一つで、この時期のものを『端午の節句』としています。

『菖蒲(しょうぶ)の節句』とも言われていて、『勝負』とかけて男の子の節句になったというわけです。

そういえば、菖蒲を用意して軒先に差したり、お風呂に入れたりしますもんね!

菖蒲は厄災を払う薬草として知られていて地方によっては、枕や布団の下に敷いて寝る地域もあるようです。

さて、この男の子が生まれて初めて迎える初節句は赤ちゃんが丈夫にたくましく成長するようにと願いを込めてお祝いをする行事ですが...

よく疑問に思われるのが

・早生まれの子はその年ではなく次の年に祝うのが本来である

・お宮参り(生後1ヶ月)が過ぎれば今年が初節句だ

・100ヶ日のお食い初めの儀式が済んでいなければ、やはり次の年に祝う

・生まれてきてくれて、健やかに丈夫にと願い祝う儀式なんだからその年にするのが本来だ

と調べれば調べるほど色々出てきて混乱してしまいますよね。

これは地方や地域で行われてきた風習が定着したもので、これが大正解というものがないというのが現状です。

なので、お住まい地域の習慣をお聞きしたり、ご実家の親御さんにも相談しつつ

赤ちゃんの様子と産後のお母さんの体調をみながら、ご家族でよく相談してお祝いをしてくださいね。

生まれたばかりの赤ちゃんをいきなり大勢のお客様と交わらせたり

産後の肥立ちもままならないお母さんが兜や鯉のぼりはどうすればいいの?

お祝いのお食事などはどうすれば?

なんて思い悩んだり、用意に奔走したりしなきゃならないなんて現実的ではないですから...

 

もし翌年に送るなら、その旨お知らせして、その年のお節句は小さな手作りの鯉のぼりや兜を作って、家族団らんの節句をお祝いするのも心落ち着くものです。

初節句の男の子の兜や鯉のぼりは誰が買うのが正解?

 

さて、もう一つ気になるのが先ほども少しお話した『五月人形』や『鯉のぼり』は誰が買うの?

というところ。

これも悩ましい問題で...

一般的に言われているのは

母方のご実家の親御さんが揃えて贈ってくださるのが通説のようですが

ここでも地域差ってやつが出てきて、関東と関西で違いがあるようです。

関東では、男の子の初節句は父方が。女の子の初節句では母方が。

関西では、男の子も女の子も母方のご実家が。

飛んで、北海道は関西方式。

などなど、ここでも諸説様々です。

もう!お願いだから『こうです!』って決めてよ!って思ったりもしてしまいますが...

よく耳にするのが

1.嫁ぎ先のご両親が大張り切りで、お嫁さんのご実家の顔がたたない。または、その逆。
2.住宅事情も考えず場所を取る大きな五月人形と鯉のぼりを用意されそう。
3.初節句が近いのに何の連絡もなく、自分たちで用意してしまって良いのか?ダブらないか?
4.自分たちで、好みのものを購入したいと思っているのに聞き入れてもらえない。
など、それぞれの家族の事情もあり難しい問題です。

スポンサーリンク

ただ、上記の問題って

ほとんどが、ふだんからのコミュニケーションの取り方で上手く切り抜けられるものばかりで

年の功で、とっても良くできた親御さんもいれば

正直、考えが固くなってしまっている親御さんもいます笑

だったら、若くて柔軟なこちらが一つ大人になって(なんで親より大人にならなきゃなんだ?とは思いますが)上手く立ち回りましょう!

やはり、赤ちゃんのお父さんお母さんがそれぞれご自分の親御さんに心を添えて言葉を選んで対応するのが一番です。
心の中に『赤ちゃんをお祝いする嬉しい日』にするんだという思いを常に持ちながら...どうかお願いします!

もし、ケースによってどんな言い回しがいいかお悩みでしたら

どうぞ『お問い合わせ』からご連絡くださいね。

初節句の男の子のお祝いは何をすればいい?

 

初節句なんだから、初めてで見当もつかないの。当たり前ですよね。

まずは、一般的にはどんな感じでお祝いするのかと

あくまでも一般的には...という事ですが

5月5日 当日、もしくは前日の晩(宵節句)に、両実家の親御さん、お祝いをいただいた方、親しい方を招いて祝い膳を囲みます。

お祝いの料理は、お赤飯やちまき、柏餅、鯉や栗、タケノコなどを中心に。鯉などは手に入れるのが難しい事もあるのでで、季節的にカツオ(勝男にかけて)のたたき。出世魚と呼ばれるスズキやブリを用意する地方もあるようです。

とここまでがかしこまった系ですね(^-^;

最近は、同居じゃない事の方が多いのでご実家に皆で集まってお食事をしたり、お店などの個室を予約してされる事もありますね。

昔の風習を踏襲することも大切かもしれませんが、時間の流れが早くなった現代ではなかなか核家族の場合、お母さんがお料理や用意を全て用意して、おもてなしをするのは難しい事です。

ましてや、赤ちゃんの面倒を見ながら...では、とてもとても。

お父さんがお手伝いをしてくれる場合でも。です。

そして、日取りも皆の都合をその日一日に合わせるのも難しいものですよね。

なので、5月5日を過ぎずに早める分には問題ありません。

 

最後にお祝いをいただいたり鯉のぼりや五月人形をいただいた場合のお返しですが、お祝いの日から1週間以内に赤ちゃんの名前で熨斗には『内祝い』としてお礼の品をお返ししてください。

ちまきや柏餅・またはお赤飯や紅白の角砂糖などと言われていますが、日持ちも心配ですし、今時紅白の角砂糖っていうのもなんだか?という感じですよね。

なので、可愛く撮れた赤ちゃんの写真と一緒に見た目も可愛らしいくて綺麗なお菓子などをお返しした方がいただく方も喜ばれると思います。

まとめ

赤ちゃんが生まれて、色々な行事があります。

お宮参り・お食い初め・初節句...

初めての子育てにもてんてこ舞いなのに全てを形式通りに型にはまった形でやる事は大変な事です。

昔のように大家族で人の手があった頃の風習をそのまま現代に当てはめるのは、やはり無理があります。

 

その家族、その家族で色々な形があり事情もあって当たり前です。

大人の意地やこだわりでせっかくのお祝いが気持ちの良くないものにならないように、本来の初節句の意味

『赤ちゃんが無事に健康に育ってくれますようにと願いを込めながら喜びお祝いをする席』

なんだという事を今一度、皆で(親御さんやご親戚も)改めて心に止めて、心温まる初節句をお迎えくださいね!