奥裾花自然園のアクセスと所要時間を知って鬼無里~戸隠を巡る!!

観光

鬼無里にある奥裾花自然園

春は水芭蕉 夏はブナの原生林の中をトレッキング、秋は見事な紅葉と1年を通して楽しめる秘境観光スポット。

けど、秘境っていうだけあってアクセスが(>_<)

長野県民のわたしもびっくりするくらいの秘境だった(。-∀-)

更に戸隠で蕎麦を食べて、あ!待って!!戸隠に行く途中にある『いろは堂』でおやきを買って♪奥社にも行きたい!

という私の願いは叶ったのでしょうか??

同じこと考えてるあなたの参考になれば嬉しいです。

突然登場する★ミニミニお役立ち情報★も行って分かった生情報なのでお見逃しなくです!

 

 

スポンサーリンク

奥裾花自然園のアクセスって車でも大変!どれくらいかかるの?

 

奥裾花自然園からの戸隠山の眺め

 

奥裾花自然園と言ったら、鬼無里の奥の奥。

...のまたその奥と言ってもいいくらいの秘境。

 

戸隠山など2000メートル級の山々に囲まれた地で

ミズバショウの群生地が発見されたのが1964年。

 

50年ちょっと前まで、誰も足を踏み入れてなかったって事でしょ?

50年ってそんなに昔じゃないわよ?

 

それまで人知れず、季節を繰り返すたびに

春になると、ひっそりと誰に見せるわけでもなく

水芭蕉が咲き乱れていたとか神秘的!

 

...って言うくらいの秘境なんですよ!ほんと。

 

だから思っているより、遠い。

というか、下調べもせず軽い気持ちで行ってしまった

わたし個人の印象なんですけどね。

 

鬼無里に入ってすぐくらいにあるんでしょ~?

くらいに思っていたわけです。

 

ところが、山道を行けども行けども行きつかない汗

 

で、帰ってきて落ち着いて鬼無里~戸隠周辺の全体的の地図を見てみたら

 

はっ?? ∑( ̄□ ̄ノ)ノ

 

ってなった。

 

ちょっと、ちなみに、になりますが長野駅からの地図を載せてみますね。

 

A点が長野駅

B点が絶景ポイントで有名な奥裾花大橋

★ミニミニお役立ち裏情報★
奥裾花大橋で写真を撮りたい場合は、行くときに撮った方が良いです!

それも渡る前に!!

ここから往路・復路な別の道を走る事になるので帰りは奥裾花大橋は渡らず袂を通るだけ。

おまけに、この袂も方向的に絶景ポイントを撮影するには逆方向。

C点が奥裾花自然園

 

 

この距離の移動時間 

1時間半

 

奥裾花ダムにかかる奥裾花大橋まで行けば、すぐでしょ~!

10分そこそこ??なんて思ってたんだけど

奥裾花大橋渡ってから、まだ更に40分かかるんだから...

 

きちんと調べていけば覚悟もできて、そんなに驚く事でもないんだろうけど

いつでも行けると思っていた場所だったから下調べも全くせずに行っちゃったんですよね。

 

まだかな?

もうすぐかな?

と思いながら進むと、途中から奥裾花自然園まで〇〇km

とい案内看板が所々出てきます。

 

ただ思っていたより長かったっていうだけで

ドライブとしては最高にいい気分の道中でしたよ♪

 

奥裾花自然園の入り口は駐車場。

駐車場の入り口に係りのおじさんがいるので

入園券 大人410円をお支払いするシステム。

この時に、パンフレットも一緒にもらえるんだけど

奥裾花自然園入園チケット

ここで、恐ろしい事言われちゃうのよ~!!

 

雪解け水でぬかるんでるから長靴があるといいかもね~

ぬかるんでるポイントはココとココ!

奥裾花自然園パンフレットmap

とか、ご丁寧にぬかるみポイントまで教えてくれちゃたり。

売店に貸し長靴もあるからね~

 

え??長靴??

そんな過酷な道なの??

 

と、わたしビビりまくり(*_*;

また、車のトランクに長靴が入ってるっていうタイミングの良さ。

少し迷ったけど、意気揚々と長靴に履き替えましたとも( ー`дー´)キリッ

 

これ入ってなかったら良かったのに...と後で悔やむ事になるんですけどね。

 

駐車場は300台。

奥裾花自然園駐車場

混雑時でも、まず満車になる事はないそうです。

 

奥裾花自然公園での所要時間によって、この後のスケジュールが決まる!

 

ここから、すぐ水芭蕉の群生地が!!

と思ったら

 

この先がまだあるんですよ。

自然園入口ゲートまで徒歩だと40分( ;∀;)

 

ちょっとムリ...

と、そんな人は水芭蕉の時期限定で30分間隔でシャトルバスが出ています。

 

冬場は豪雪と厳しい自然環境の為に奥裾花自然は閉園。

だいたい、4月29日前後に開園します。

 

★ミニミニお役立ち裏情報★
この奥裾花観光センターから自然園入口辺りまでのシャトルバス と
長野駅から奥裾花自然園までの急行バスがセットになっていて
(料金は別です)

運行期間は年によって変わりますが

開園の日から5月末の最後の日曜日の辺りまで。

その他の時期は、長野駅からの直行便はなく

奥裾花観光センターから自然園入口付近までのシャトルバスも運行されません。

 

年ごとに違いますが紅葉の時期はジャンボタクシーが運行する事もあるようですが...

決まって。というわけではないようです。

 

バスだったら自然園入口ゲートまで10分かからないくらい。

料金は200円。

奥裾花自然園案内看板

もちろん乗ります!!長靴はいて♪

 

ハイキングやトレッキング目的の方は

舗装された普通の道なので歩く方もいらっしゃいます。

 

ってね。

トレッキングシューズを履いてる人はたくさんいるけど

長靴履いてる人。

 

一人もいないんですけどーーーーーっっ!!!

 

貸し長靴もこんなに余ってるんですけどーーーーっっっ!!!

奥裾花自然園貸し長靴

車に戻って履き替えりゃいいものを

意地でも履き替えない頑固者σ( ̄◇ ̄;)

 

だって、駐車場のおじさんが言う通りぬかるんでるかもしれないでしょ??

 

バスの時間までちょっと時間があったので2軒あるお店を物色。

奥裾花自然園 売店

 

ここから上には自動販売機などもないので飲み物必須です。

奥裾花自然園 売店3

ウォーキングポールも貸し出しアリのようです。

 

奥裾花自然園 売店2

 

 

こっちにいたおじさんには

奥裾花自然園 売店1

『長靴かいっ!!疲れるぞ~』

と言われ...

 

『え??必要ない??ぬかるんでない?』

と聞いたら

 

鬼無里弁で

『まぁ、行ってみたい!笑(行ってみなさい)』

と励まされ

おじさんの足元見たら、やっぱり長靴艸^)ププ

 

 

バスが来たので『行ってきます!!』

奥裾花自然園 シャトルバス

11:35のバスに乗りました。

奥裾花自然園 シャトルバス内部

5分少々で到着!

案内図が彫り物になってて可愛い♪

奥裾花自然園 可愛い案内図

ここからまだ更に10~15分ほど歩いて

奥裾花自然園 徒歩道

奥裾花自然園 徒歩道2

 

やっと本当の入り口に到着!

奥裾花自然園 本当の入り口

 

写真撮り忘れてるけど

この少し手前に『平成の森』という広場があって

お手洗いもあります。

 

お手洗いにむかって右手の方にフラフラと行ってみると

こんな絶景!!

奥裾花自然園から望む戸隠山

スポンサーリンク

戸隠山です!!

戸隠って…この戸隠山の向こうなんですよね( ;∀;)

奥社…行ける気がしなくなってきた。

 

そして、ここって多分。

奥裾花自然園 遊歩道

駐車場のおじさんが言ってた

ぬかるみポイントなんですけど…………

 

カッサカサやんけ( `ー´)ノ

奥裾花自然園での長靴

 

どっこもぬかるんでなんかいなーーーいっ!

奥裾花自然園 遊歩道2

 

気を取り直して。

いよいよ、水芭蕉です!

奥裾花自然園 水芭蕉紹介看板

 

とここまでで、駐車場入口に到着してからバスの待ち時間も含めて

1時間弱

 

実は、奥裾花自然園って2つのエリアに分かれていて

手前にあるのが『今池湿原』

奥にも1エリアあって『こうみ平湿原』

 

『今池湿原』の方が水芭蕉の多さや規模は大きいとの事。

 

もうね。ちょっと『こうみ平湿原』まで行く気力・時間は無いのではなかろうかと判断して

今回は『今池湿原』だけで良いことにしてしまいました。

…だって、長靴だし(。-`ω-)ツカレチャウシ。

 

途中、まだ残雪が残っている所があって悔しいので雪の上乗ってきた!

奥裾花自然園の残雪

わざわざ、ぬかるみも探して入ってきた!!!奥裾花自然園ぬかるみ

 

今池湿原『水芭蕉』の様子はコチラにあります。

奥裾花自然園の水芭蕉開花情報の本当の見頃目安の見極め方!

 

『こうみ平湿原』を端折ったおかげか

公式のHPで概ね2時間と言われている時間をお急ぎペースで『今池湿原』を

1時間半

で堪能してきました。

帰りのバスに乗ったのが13:15。

 

戸隠の奥社の参拝は、まだ諦めていない状態(。-∀-)

なぜかと言うと↓

 

★ミニミニお役立ち裏情報★
奥裾花自然園は、携帯・スマホの電波は圏外です。完全に。

うんともすんともかすりもしません。

奥裾花ダム(大橋)の辺りから復活します。

奥裾花自然園案内看板

って事で、奥裾花自然園から戸隠奥社までの距離・時間が

この時点で調べる事ができなかったから(;’∀’)

 

鬼無里から戸隠を巡るって簡単に考えてたけど…

 

ちょっとのん気にソフトクリームを食べたりしながら

駐車場に向かい、奥裾花自然園を

14:00過ぎ頃、後にして電波が復活する奥裾花ダムまで降りてきました。

 

あの、戸隠山の絶景の時になんとなく???

戸隠って、あの山の裏側にあるのかな~(。´・ω・)?

もしかしてな~(。´・ω・)?

とは思っていたけどコレ!!

A地点が奥裾花自然園

B地点が戸隠奥社駐車場

途中にある赤のマークは奥裾花ダム

茶色のマークは『おやきのいろは堂』

 

A点の奥裾花自然園とB点の戸隠奥社のちょうど間に

戸隠山横たわる!!

そして、移動時間は

1時間半

この時点でもう2時半すぎっ!!

これから1時間半ってーーーー!!

戸隠奥社到着予定が順調に行って16:00(>_<)

 

...奥社って時間どれくらいかかるんだろ??

奥社入り口から社殿までの2kmは片道40分

ゆっくり歩けば1時間

余裕で2時間はかかっちゃう!!

 

む...無理かな?やっぱり。

 

戸隠奥社の駐車場は終日営業の所も1か所あるけど

他は、だいたい16:00~16:30に閉まっちゃう。

 

暗に、だいたいそのくらいを目安に帰ってきた方がいいかもね~

 

って事だよね。

ガッツリ登山とかする人じゃない限りは。

 

そして、最大の理由は

蕎麦

戸隠辺りのお蕎麦屋さんは、だいたい16:00~16:30に閉まっちゃう。

それも、売切れ御免な感じだから時間より早く閉まる可能性だってある。

 

ダメ。

お蕎麦を諦める事は出来ない。

奥社を諦めよう!!

1回行った事あるし~~(。-∀-)

 

奥社を諦めたとたんに食への欲望がほとばしり

戸隠への道中にあるおやきの『いろは堂』さんにだって寄っちゃう♪

噂だけで行ったことのなかった『いろは堂』

★ミニミニお役立ち裏情報★
長野のおやきと言っても、種類がたくさんあって

中身の事じゃなくて、皮ね皮。

ここのいろは堂のは少し、ふくらし粉が入ってるのかな?

これを素焼きしたモノな感じのタイプ。

この、皮にふくらし粉的なものを混ぜているか混ぜていないか。

素焼きか油で焼くか。

蒸すか蒸さないか。

とか作り方も火の入れ方も組み合わせ色々で千差万別。

長野県の中でも、だいたいみんな自分のとこのおやきが一番!!

と思っていて

あそこのおやきはおやきじゃない!!

と対抗意識むき出しだったりします(;・∀・)

 

わたしの中でのおやきは

ふくらし粉的なものは一切入れず

焼いてから蒸す

というおやきが本当のおやきだと思っているので

いろは堂さんのおやきどうかな~??と思ったんだけど

 

行ったことない > 行ったことある

で決定!!

 

いろは堂さんは、そこそこの込み具合で

どうやら注文を受けてから焼くみたいで4~5組の人たちが

無料のそば茶を飲みながら待ってました。

上の地図で、茶色のマークをクリックすると

いろは堂さんの簡単な説明がでてきます。

 

お蕎麦は、有名になりすぎたスタンダード名店『蕎麦処 うずら家』さんが

16:30までやってるはず!!

戸隠中社の真ん前を右に入っていると、すぐ右手にあります。

100mくらい行った、右手に7~8台止められる駐車場があります。

とても狭い道なので気を付けてください。

うずら家さんに到着したのが16:00過ぎだったので

ちょっとハラハラしながらでしたが温かく迎えてくださいました!

うずら家さんも茶色の丼マークでポイントしてみたのでクリックしてみてください♪

 

★ミニミニお役立ち裏情報★
ぁ。口コミなどを見て気になった事を一つだけ。

お蕎麦屋さんの代わりに言い訳しちゃいます!!

水切りが甘い!ざるの下に水が溜まってる!

観光客相手だから仕方ないけどね。とか通ぶってる人がいたけど

戸隠の蕎麦は、【ぼっちもり】と言って水切りをせず

小分けにまとめて持って出すのが戸隠蕎麦なんです!

戸隠蕎麦うずら家さんのぼっちもり

はぁ~美味しかった(*´ω`*)

 

さて?これで帰るのもなんだな...

って事で、これも一度行ってみたかった撮影絶景スポット

鏡池

本当は波の静かな早朝に行って

湖面に映る戸隠山をリフレクションで撮るのが定番なんですけどね。

早朝とかムリだし...

で、普通に撮ってみた

戸隠の鏡池

ぼちぼちじゃないですかね(;´・ω・)

 

これが、この日の全行程です。

 

やっぱり、奥裾花自然園から戸隠奥社参拝は無理でした( ;∀;)

 

もっと、早い時間から行動して

計画的に事を進めれば行けたような気もしないでもないけど...

ちょっと、最後に時間をまとめてみましょう!

 

奥裾花自然園のアクセスと所要時間を知って鬼無里~戸隠を巡る!!のまとめ

長野駅~奥裾花自然園の移動時間

1時間半

 

奥裾花自然園での滞在時間(バスの待ち時間等含む)

1時間半~2時間
回り方や楽しみ方、堪能の仕方によってはもっとかかる事必至

 

奥裾花自然園~戸隠

1時間半~2時間
いろは堂に寄ったりしてると2時間弱はかかりそう

 

戸隠蕎麦堪能

1時間弱
混んでいる場合は待ち時間も考慮しなければならない

 

って事で、ゆっくり目に、かつ平均的に見積もって

 6時間半くらい

 

奥社入口に14:00くらいに到着してたいな~となると

奥裾花自然公園の到着時間9時位に設定

 

こうすれば、心に余裕をもって計画的に

奥裾花自然園から戸隠奥社の旅を満喫できるのではなかろうか?と思います。

 

あ...でも奥裾花自然園駐車場のおじさんにいくらそそのかされても

長靴はやめておいた方がいいと思います!

だって、本当に足が疲れるから~~~(;´Д`)

 

奥社への往復の歩きの体力が残らないのではないかと思われます。

雪解けが盛んな初期や雨が降っているとかじゃなければ

汚れてもいいスニーカーや運動靴でいいんじゃないかな?と思います。

だって、今回ほんとーーーーーに長靴だったのって

わたしと

売店の長靴を常用しているおじさんだけだったからね(。-∀-)

 

途中で何人かみかけた子供でさえ長靴なんかはいてなかったっての!!

 

わたしのメンタルの強さを褒めていただきたい!!

 

おしまい。

 

奥裾花自然園の水芭蕉開花情報の本当の見頃目安の見極め方!

肝心の奥裾花自然園の水芭蕉の様子は↑↑