新盆どうすればいい?段取りや用意は何をしたらいいの?

お盆 蓮の花冠婚葬祭

近しい大切な人を亡くして初めて迎えるお盆。

特に親御さんを亡くした子供にとっては、何もかもが初めての事ですよね。

今までは、父なり母なりがしてくれていた事を自分がやらなくてはならなくなって、右往左往。

お葬式も四十九日法要も何とかかんとか済ませてきたけれど、新盆・初盆って?

なんだか普通の法要とはちょっと段取りや、用意するもの、やる事が違うみたいだし...

 

何から手を付けたらいいのやら??

スポンサーリンク

新盆のやり方が分からない。どうすればいいの?

まずは、お盆の時期ってほんとのところいつなの?と自分自身もかなり前に不思議に思っていたら...

田舎に住むわたしにとって、お盆って8月13日~16日が当たり前だったんだけど

ある時、仕事上でお付き合いのあるお寺の住職さんが

『7月は東京のお盆があって忙しい!』

とおっしゃっているのを聞いて

『??なんですって??』と思ったわけです。

 

なんと東京や都会では、お盆は7月なんだと、そこで初めて知りました。

でも田舎者としては腑に落ちなくて...だって、世の中『お盆』だって言ってお休み取るのって8月...でしょ?

会社が『お盆休み』として休日にするのも8月でしょ?東京でも。

腑に落ちないわぁ~と思うんだけど

 

まぁ、わたしの余計なこだわりは置いといてですね。

どうやら、これ良くある旧暦と新暦の絡みのようです。

 

旧暦で行われていた行事が、新暦が導入されてひと月早まり現在の7月に行われるようになりました。

でも、田畑のお仕事等をされている人にとって新暦の7月では農作業がまだ落ち着かない時期。そして、梅雨の時期と重なるために、旧暦のまま一ヶ月遅れで行うようになりました。

って事で、都市部は7月、地方は8月にお盆をやるという風習に。

 

桃の節句も端午の節句も七夕も、旧暦新暦のこのパターン多いですね。

でも、お正月だけは当てはまらない不思議...(;’∀’

 

そもそもお盆の由来は、お釈迦さまの弟子の目連という人が餓鬼道に落ちてしまった母親を救うために、たくさんの食べ物をお供えしてお経をあげて供養して救ったという故事を説いた中国で作られたお経『盂蘭盆経(うらぼんぎょう)』に由来しています。

 

年に一度、祖先の霊が返ってくる期間をお盆といい、盆の入り・迎え盆の13日に迎え火を焚いてお迎えし、期間中は祖先を手厚くもてなし、お盆の期間が終わる盆の明け・送り盆の16日に送り火でお帰りいただくという風習。

 

と、だいぶお盆のうんちくみたいな話が長くなりましたが、今回は『新盆・初盆』はどうしたらいいのか?がメインですからっ!!と自分に今カツを入れました(^^;

 

 

ウンチクから読み解くと、やはり土地土地によって時期も違い、風習も違ってくるお盆。

なので一般的な流れにはなってしまいますが『新盆・初盆』の準備や手配をお話させていただきますね。

 

まずは、自分の家が本当に新盆・初盆に当たるか確認しましょう

前の年の6月後半~今年の6月前半までにご葬儀をされていれば(故人がお亡くなりになっていれば)新盆・初盆になります。

ただ、6月にお亡くなりになっている場合微妙な日にちのズレがあるので、菩提寺のご住職様や、お世話になった宗教者にお聞きした方がいいですね。

なぜかというと《忌明けが済んでいる事》が、新盆かどうかの見極めになりますのでね。

 

もし、新盆じゃなかったら??

新盆は次の年でお盆が49日前のお盆のやり方は?お墓参りは?
お盆直前に亡くなったばかりで、今年のお盆は新盆・初盆じゃないよ。となった時のお盆のやり方ってどうすればいいの?仏壇と一緒に葬儀後の祭壇もあるし、お盆のお墓参りも行っていいのか行く意味があるのか??元葬儀従事者が分かりやすくお話しします!

 

我が家が新盆・初盆だと分かったらさぁ!段取りです。

たいてい、新盆・初盆の場合は法要を執り行い、その後は参列していただいた方々に会食の席についていただくのが一般的な流れですので、その準備にとりかかりましょう!

 

新盆の段取りが分からない。何からしたらいい?

  1. お寺様に法要の予約を入れましょう。

新盆のお家じゃなくても、お仏壇のあるお家にはお盆の期間にお寺様がいらっしゃって、お経を上げてくださいますが、それとは別物です。

新盆法要は、基本お盆になる前に済ませます。

かと言って、あまり早すぎてもいけません。早くても、ひと月半前から位が常識です。

なので、時期が限られますのでお寺様のご都合スケジュールが非常にタイトになってきます。

更に、皆様をお呼びするとなると平日よりは週末に予定する方が多いので日数的にかなり厳しいですので、出来るだけ早めにお寺様に連絡を入れてご都合を聞いてくださいね!

ただ、6月の始めあたりに不幸があった場合はいくら早めに...と言っても無理な話ですよね。

その辺りは、お寺様も考慮してくださるのでご相談しましょう。

 

2.内容を詰めましょう。

日取りが決まったら『どんな新盆・初盆法要にするのか?』を決めていきます。

 

・お寺様には、どこでお経を上げてもらうのか?

自宅の仏間か? お寺か? 最近では、住宅事情などから自宅での法要が難しい為、葬儀場などの一室を借りて、そこで法要を営む方も増えてきました。

また、地域によっては、お墓でお経をいただく所もあるようですね。

 

・会食は、どうするか?

自宅で、お経を上げていただいて、そのまま自宅で会食をするのか?

会食は、自宅ではなく予約をした会食場所に移動して行うのか?

いっその事、会食は省いて簡単に済ませてしまうのか?

 

新盆法要当日の内容によって、段取りや予約しなければならない事が変わってきますので良く考慮して決めていきましょう。

 

3.手配をしましょう。

内容が決まってくると手配するものが見えてきます。

 

≪法要を自宅以外でする場合≫    法要会場の予約・会食会場の予約

スポンサーリンク

≪近親者や親せきをお呼びする場合≫ 会食の手配・お香典の返礼品の手配

その他、法要の時にお供えするお花や供物(盛菓子・果物等)の手配などです。

 

ただ、これを全部バラバラにやるとなると大変ですので最近は葬儀の際に利用した葬儀社に一括して頼む事ができますので相談してみましょう。

その際は、日時や内容、だいたい何名くらいの法要になるのか大まかでいいので伝えるとスムーズですよ。

 

4.お呼びする方々にご連絡をする。

日時のお知らせの意味と会食がある場合は用意するこちらの都合もあるので出欠を確認するためにも来ていただきたい方々に連絡をしましょう。

案内状を作成しても良いですし、人数が限られているようでしたら電話連絡でも失礼には当たりません。

 

盆提灯を親戚に用意してもらう時のモヤっとするお悩み解決方法とちょっとしたテクニックは

新盆提灯の用意はいつまでに?誰が買う?お返しは必要?

 

この時に、もし法要から会食等で移動がある場合の移動手段も考えておきましょう。

会食となるとアルコールを飲まれる方もいらっしゃいます。

また、ご家族でも運転手の方が飲まれる事もありますので『足はどうするか?』は見落としがちですが考えに入れておいてくださいね。

 

また、お寺様の送迎もどうするかお忘れなくです。

ご自分で全て移動するお寺様もいらっしゃいますが、送迎を常とするお寺様もいらっしゃいます。送迎が必要な場合はタクシーを手配するのか?家人で送迎係を用意できるのか?

当日慌てる事のないようにお寺様にも確認して手配しておきましょう。

 

 

5.お寺様へのお布施の用意

こればかりは、いくらとは中々言えない部分なんですが...3~5万円程度が妥当ではないかと言われています。

ただ、やはり地域差・お寺様独自の相場・施主のお宅の今までしてきた金額等々で変わってきますので分からない場合は、お寺様にお聞きするか、お気持ちで…などとあいまいな事を言われてしまった場合は檀家仲間の長老のような方にお聞きするのが無難でしょう。

 

6.最後の詰めをしましょう。

前日にお寺様に『明日はよろしくお願いします』とご連絡をすると安心です。この時期、本当にお忙しいので稀ではありますが、お忘れになっている事もありますので確認という事ではなくて、あくまでもご足労していただきますが...というニュアンスでお電話を差し上げてください。

その際に、お迎えの車を用意している場合は○○時にお迎えに上がりますと付け加えておくと良いですね!

 

新盆の返礼品と用意するもので忘れがちな物は?

さて、今までは法要の段取りの流れをお話してきました。

最後に、お香典をいただいたり、提灯やお供物をいただいた場合の返礼品についてです。

 

法要にお呼びして会食まで出席していただいた方々には、ご葬儀の時と同じように返礼品をお返しします。

いただいたお香典に対して、会食でお出しした一人分のお料理代と返礼品を合わせて7割ほどになるであろう金額の品物を用意してお返しとします。

ただ、ご夫婦で来られた方には返礼品は1セットでお返しすることがほとんどです。

稀に、お品を変えて奥様用に金額の低い物をお返しする場合もありますが、そこまでしなくても失礼ではありません。

お香典をおいくらくらい持ってきていただけるか確かではありませんが、今までの行き来でだいたい親戚間で暗黙の了解で金額が決まっていたりします参考にしてください。

また多少、足がでたとしても仕方のない事として考えましょう。

 

葬儀の時はよくあることですが、思ったよりもいただいた金額が多かった場合は後返しと言って後日お返しを追加と言っては品がないですが改めてお返しする場合もあります。

ただ、かなり金額が大きかった場合で多少については気にしすぎる事はないでしょう。

次回、逆にお呼ばれした時に同じ金額をお香典としてお持ちすれば良いでしょう。

 

 

さて、新盆法要にばかり考えがいっているとすっぽり抜けてしまう物事。

それが、ご近所やご友人等のお参りです。

新盆の家に少額のお香典を持ってお線香を上げに来てくださる風習がある地域があります。

お盆の少し前あたりから、お盆前半にかけて。

だいたい1000円程度のお線香代という感じでお香典を持ってきてくれるので、その半返し~7割程度の物を何セットが用意しておいた方が良いですね。

お茶の葉セットやタオルセット、夏なので素麺のセットなども便利ですね。

そして、お参りいただいた後にお出しするお茶やお茶菓子などなど...

突然来られて慌てないように準備をしておきましょう。

この返礼品は、いくつ必要か?予想がつかない事が多いので出来れば余った分は返品できるような業者があれば無駄になりません。

贈答品取り扱い店舗や葬儀社など、あらかじめ下調べをしておくと安心です。

 

 

新盆どうすればいい?段取りや用意は何をしたらいいの?のまとめ

ご葬儀をして、49日の法要をして、新盆をして、1周忌...と、

しっかりと仏事をしていくのは本当に大変な事です。

1周忌が終わるまでは、なかなか忙しくて落ち着かないと言われます。

 

最近では、以前より簡素化し、仏事にかかわる人数も減少傾向にありますが、それでも初めての事ばかりですし当人にとっては一大事です。

 

ただ、あまり型にはまりすぎて、こうやらなければならない!と固く考えすぎずに。

仏教者の方々には怒られそうですが、こうする事が決まりだ!と仏教の教えにのっているわけではありません。風習や伝統、地域の謂れや昔からそうしていたという事柄が定型化しているものがほとんどです。

 

友人が決めた家族だけの新盆のお話です。

新盆は簡単に家族だけでも盆提灯は必要?の場合のおすすめは?

 

亡くなった故人の面影を偲ぶ気持ちの顕れが供養です。

どうか、形式だけにとらわれず故人を皆で思いだす優しく柔らかな時間を共有するような法要を営まれてくださいね。